お取り寄せしてでも欲しい!クライ・ムキの価格~!

Topsの作り方は簡単なTシャツからジャケットまで載ってますがパンツの作り方が載ってないのが残念です。襟はしつけをして仕上げました。中を見たら早くミシンが欲しくなってしまいました。

こ、これですっ!

2017年01月18日 ランキング上位商品↑

クライ・ムキロックミシンの基礎 [ クライ・ムキ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

夏になったら作りたいと思っています。2009年06月21日 記事。ロックではないので、ちょこちょこ方法を変えないといけない部分もあるので、普通の家庭用ミシンのみで縫おうとする方で、詳しい仕様書がないと縫えない方へは特にお勧めできません。でも!型紙が女性らしい微妙なラインでデザインされていると思うので!買って作って見て損はないと思います。ただムキロック(ベビーロック)というクライムキさんが出しているロックミシンの使い方が基本になっていますので!そのまま説明書というわけにはいきません。どんなロックミシンを買ったらいいか参考になると思って。うちのは3本ロックなので、作ることが出来なさそうです(T_T)ロックミシン購入予定なので、参考に購入しました。図書館に返却した後!改めて購入させていただきましたwプレーンもラグランもハイネックもあるっvv2007年発行と!結構古い本だったりするんですが!それでも「シンプルな婦人用のTシャツの型紙付きの本」って意外と無いので!未だに人気があるんでしょうねー。写真で説明してあるのでわかりやすい。早速Tシャツを作りました。外れはないだろうと信じて購入。ロックミシンがずっと欲しくて、まだ買ってないのですが、先にこの本を買ってしまいました。裾と袖口は、ロックミシンで仕上げずに、普通ミシンでステッチを二本かけて、偽フラットロック風に(?)仕上げた方がずっときれいに仕上がりました。全体的に若向けかな!デザインは。この本の型紙、腕が動かしにくいです(自分の体にフィットする、似たデザインの型紙を使って、本の内容を学習しました)。今思えばロックミシンで出来ることをちゃんと把握せず、とりあえず購入していました。あくまでレシピ本なので!ロックミシンの説明書として使うのであれば『ロックミシンをはじめよう』のほうが詳しいと思います。色々確認できてGOOD!だだ作品内容は、若い子向けで、おばさんには、いまいちです。型紙はヨークのみであとは、直線に切るだけなので、カットも早く、ロックミシン・衣縫人の衣縫人用セパレート押さえであっという間にギャザー寄せです。何年かぶりにロックミシン引っ張り出したら、うろ覚え?困ってこの本みつけました。 実物大型紙がM〜LLまであるのもうれしいです♪型紙目当てです。以前にクライ・ムキのla la laロックミシン・ソーイングの方でも同じようなセパレート押さえを使用し、ギャザーたっぷりのティアードスカートが出来上がりました。本の中で使用しているミシンを中心に使い方が書かれており!他機種を購入した初心者の私には少しわかりづらかったです。E2 ティアードスカート最後の一段を減らし、レースに変更しました。また、型紙のミスが1点あるので、作者サイトのQ&Aをぜひチェックして下さい。(子どもサイズはあるのに!)図書館でこの本を見つけて「これだ!やっとあった!」と。先日、これと別の本を悩んで、うちはロックミシンがないので違うほうを買ってしまい、内容が思っていたのと違うので、やっぱりこちらを買いました。独学で頑張ってる者です。)縫い目がヨレヨレして失敗した、と思ったら、ほどいて切り口をはさみで整えて、メス固定で縫い直ししました。ロックミシンをどう使ったらいいのかわからない人の説明書的な本です。メンズの方は、男性にもソーイングを、という趣旨もある様で、そちらの方が作りやすく出来ていたと思います。一日で出来るかと思ったけど!もう少しかかっちゃった。型紙やデザインなどはわかりやすい様に感じました。 Tシャツやカットソー!スカートにジャケット!簡単なバッグまで!普段着からちょっとお出かけ用までバランスよく掲載されていて!どれから作ろうかとワクワクしています。ぜんぶ一台でできるようになっていれば★5つだったのですが。そちらから入った私は、メスで切りながら仕上げて行くのが、やり直しがきかずに難しいと感じてしまいました(^^ゞ今の季節なので、最初に作ったのが表紙にも載っているラグランタートルだったのですが、この本の中でも少し難易度高目だったかも。私のミシンはJUKIですが参考になりました。モデルのロックミシンが高級な性能の良いものでしたので、この機種を持っている初心者の方にはとてもよいと思います。本当に初心者の方は、最初は半そでのプレーンTシャツから作る方が良いのかも。この本1冊見ながら試行錯誤!だいぶ自分の持ってる機種(MO-114D)の基本機能を理解し!ロックミシンを使いこなせるようになりました。全部がニットの作品ではなくて!シフォンジョーゼットで作る裾を巻きロックで仕上げるスカートなども載っていて!素敵なデザインです。縫い終わりやカーブや直角などを!どう縫ったら綺麗に仕上がるのかが良くわかりました。首回りもキレイに出来て良かったです。どちらもミシンの説明ページはほぼ同じ!子供服のほうが巻きロックについてなど多少内容が増えていました。家庭用ミシンでも作れるものもありますし、欲しい型紙がいろいろ載っていたので、大満足です。既刊の『LaLaLa ロックミシン・ソーイング』も!画期的なロックミシンのHow to本でうれしく!活用しましたが!どこか!なんだかちょっと物足りなかったところが!今回の『ロックミシンの基礎』でうまくカバーされていて!これからロックミシンを買う人!買ったけれどいまいちうまく使いこなせていないと思っている人にぴったりの本だと思います。少しの間、ニットソーイングを習っていました。個人的には!腕も見ごろも!裾の長さも もっとゆったりしたデザインの腕が良いのですが!ロックミシンの教科書として使う予定です。「こういう使い方ができるよ!」という説明本です。私もそのうちロックミシンが欲しいので!その時にはこれは勉強になりそうです☆今回はクライ・ムキのLALALA2 ロックミシンの基礎からです。★1個マイナスなのは!型紙のせいです。ロックミシンを買ったので、子供服のほうと一緒に購入。良く見ないで購入してしまいましたが!こちらは基本4本ロックでの縫い方なのですね。(私は身長が高いので!裾と袖口は3cmくらい伸ばして作りました。どれも腕が細いデザインでした。ロックミシンの設定がメス固定で良いので…。「シンプルな婦人用のTシャツの型紙付きの本」をずっと探していたのですが、本屋でも手芸店でもいいものが見つからず。図書館で借りて良かったので購入しました。いろいろな縫い方や処理の仕方などくわしい使い方が書いてありよかったのですが、好みのデザインのものがなかったので残念でした。ちょっと応用がきくような方で!型紙のみ欲しいという方へはおすすめです。生地は良く伸びる物というので、縫い難いのがまずはハードルですし、襟つけと、裾と袖口の裾まつり押さえを使ったまつり縫いが難しかったです。LLまで載っているのでいいですね。同じシリーズのLaLaLa4のメンズの本も同時期に購入して、メンズの方から使い始めました。ロックミシンだけですべての作品を作れるのかと思ったらそうではなく、普通ミシンも使います。